サツキとメイが大活躍

さよならオッパイになるかな、長女の卒乳

読了までの目安時間:約 2分

 


今日から1歳2ヶ月の長女、卒乳開始です。食べることが大好きな長女。食欲旺盛過ぎて、落ちているものは何でも口に入れてしまいます。石ころやカピカピの米粒など。いつも長女の持っているものに目を光らせ、口からかき出したりします。

私や長男がお菓子を食べようものなら、とんでもないです。アー!アー!と私も欲しいコール。初めて話した言葉は1歳1ヶ月の時に「パン!」でした。パンが大好きで、スーパーのパン売り場前を通ると「パン!パン!」と叫びます。

スプーンを使うことも上手になってきて、自分で率先してスプーンでごはんを食べます。2歳まで食べず嫌いで、あまり食べなかった長男には苦戦したので、たくさん食べてくれる長女は頼もしいです。私の両親もいつも驚きます。

それだけ食べることが好きなので、母乳を飲む回数はどんどん減っていきました。最近では夜寝る前に1回だけで、夜中も日中も全く欲しがらなくなりました。昨日はおっぱいを見せると私のほうに突進。吸い付きはしましたが、数分ですぐに口を離し遊びだしました。

これは卒乳に向けてのチャンスかも!と思いました。おっぱいに興味がなくなってきたということでしょう。今日は産まれてから初めて、母乳を全く与えていません。それでもスヤスヤと今のところ眠っています。

もし、夜中に泣いて起きてきたら、また卒乳は先延ばしにしようとは思っています。おっぱいは長女の心の拠り所で、私が焦って拒否しても可哀相です。私の希望としては1歳半までに卒乳。今回の試みは成功するかどうか。少しドキドキする二児の母です。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧